瀬戸内坂越の北前船交流記

これは「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成したものです。

瀬戸内坂越の北前船交流記」第19号(岩国)

 日本100名城巡りで行った山口県岩国観光協会のガイドは、北前船の話は聞いた事がないからと、佐々木小次郎の歌や踊りを披露してくれました。
f:id:kitamae-bune:20180324181201j:image

  岩国の観光の中心は、錦帯橋岩国城、そして佐々木小次郎で、北前船に迄及ばない瀬戸内海の現実がここにもありました。
f:id:kitamae-bune:20180324181318j:image
  岩国市由宇は、江戸期は廻船で栄え、岩国藩の水軍が由宇にも置かれ集積や積出港として、藩の出先機関まであった港町だったようです。
  この岩国由宇で、坂越ゆかりの方が小樽まで蒸気船で活躍しています。小樽が、明治に入り北海道の最重要港になっていったのを知ったのは、明楽みゆきさんのFM放送からで、先祖への想いは、『嶋谷海運史』にもありました。
 
 
     瀬戸内坂越の北前船交流記」第19号(岩国)
       
                  2016年12月24日          
 
  今回は、アース製薬の創業者にゆかりのある方が出版された『嶋谷海運業史』から蒸気船の話です。

f:id:kitamae-bune:20180325061731j:plain


 
岩国の由宇に行ったのは2016年7月でした。
 それから5ヶ月、坂越まち並み館の門田さん宛に1冊の本が送られてきました。それは、赤穂市内のほぼ全域の公民館で展示していた、この北前船シリーズ(写真)を見られた伴信彦氏が旧友で神戸市在住の嶋谷徹氏に伝えたからでした。
 
このシリーズを知った嶋谷氏が、自らが出版した『嶋谷海運業史』を寄贈して頂けたものでした。えられていた手紙には、氏の亡きお母さんの父親にあたる方は、坂越の木村製薬(現、アース製薬)の創業者の木村秀蔵氏だったことが書かれていました。
 
 灘高から京大で金融論を専攻し、三井銀行に入行して海運業界の道にすすまなった嶋谷氏の先祖への想いを以下ように述べています。
 
「われわれ子孫が今日こうあるのも、時代の波浪、激流の仲を奮闘努力した先祖のお陰であるとしみじみ実感でき、感謝の念と共に、こうした先人の努力や想いを少しでも理解し次の世代に伝えられれば……」とかかれ、黒崎墓所の碑文に残されのと同じ意味でした。
 これは、戦前に国策で三井船舶と合併させられた時、社員によって編集された『嶋谷汽船略史』をベースにして書かれています。
 
 これに、残された断片的な資料をシグソーパズルをはめ込むようにつなぎ合わせ、御夫妻で各地の嶋谷汽船の足跡を訪ねて出版したと述べられていました。
 
 そこには、1877年(明治10年)から岩国由宇で氏の曽祖父、徳右衛門氏が廻船業を始め、嶋谷家のその後の海運業での活躍とその家族も含めたヒストリーが描かれています。
  二代目の長男徳三郎氏の時代に、1895年イギリス製の浦門丸(528t)を購入する等帆船からの脱却を早くからすすめています。901年頃から大和型帆船や木造汽船を処分し、堅実第一主義の経営に徹底し岩国由宇では嶋谷汽船だけが残っています。
 嶋谷汽船は北前船航路の運航にも進出し三国、伏木、小樽に営業拠点を設けていたことも述べられています。

f:id:kitamae-bune:20180416152850j:plain

 
1877年頃の坂越の廻船は、北前船から東京への塩廻船へと転換して半世紀が過ぎています。
 1905年に国が塩を専売制にした事から塩廻船は廃業に追い込まれています。
活躍していた北前船も1904年日露戦争バルチック艦隊日本海で多くが撃沈され、これに鉄道の開通や電信電話の発達が追い打ちしすっかり衰退しています。
 
旧嶋谷社長宅は、小樽市文化財として今も残されています。10月、小樽から来られた伊東直人さんの協力で、現在もある嶋谷汽船旧社長宅の写真の掲載ができました。(矢竹考司)

瀬戸内坂越の北前船交流記第7号(酒田)

日本海酒田の北前船の足跡第7号

 

               2016年9月6日

            

   酒田では、北前船にとても熱心なガイドの豊岡紘子さんに、自転車で効率的に案内をしていただけました。  

 案内された日和山公園には、北前船航路を確立した河村瑞賢の銅像がありました。
f:id:kitamae-bune:20180319194218j:image

  また、立派な常夜灯の南側に、坂越田淵文治朗、北側の文字は消えていましたが『酒田の歴史』中学生向けの副読本から播州坂越田淵庄三朗と高田屋手中の文字が並んでいることが記されていました。
f:id:kitamae-bune:20180319194419j:image

 田淵家は赤穂で1673年より塩田、塩問屋、廻船業を営み、文化文政時代(1804→1830)には日本最大の塩田の持ち主でした。しかし、この田淵家ではないのがわかりました。

 次に案内された 酒田市資料館では、偶然会った、庄内酒田古文書館の杉原館長から、つい最近新たな大量の古文書が発見されたので、坂越の廻船や赤穂塩の事で新たな事実がわかるかも知れないと教えていただきました。
f:id:kitamae-bune:20180325061157j:image

 この後からは一人で、酒田美術館の北前船寄港地フォーラムの議長で発案者の石川館長を訪ねました。学芸主幹の熱海氏から話をお聞きした後、北前船日本遺産応援饅頭と共に冊子をお渡ししました。

 

 その後、荘内日報の富樫編集長を訪ね、ご自身が新聞協会に投稿したものを再投稿していただけることになりました。これは、事前にネットでも見れること伝えていたからです。

  最後に訪ねた大信寺の住職は、過去にも住職がかわり、ご自身も長野から来たと言っておられました。 

墓地は広大でしたが、『酒田市史』にあった他国船墓地と確認出来るものはなく、元禄時代の他国船員の墓は大西家のものだけが残っていました。 それはその墓がとても立派なものだったからだと感じました。当時の坂越の人の活躍と苦難を今の人達にも伝えねばと思いました。
f:id:kitamae-bune:20180319195245j:image

 

『酒田の歴史副読本』に、大信寺の過去帳には遭難等で客死した北前船の船員は坂越浦の人が一番多いと書かれていました。 

 
f:id:kitamae-bune:20180319195624j:image

 酒田駅についた時、ガイドの豊岡さんが出迎えてくれていました。まず見せていただけたのが、日和山公園にある常夜灯北側のある播州坂越.と消えていた文字で、それをわざわざ書いてきてくれていました。 
f:id:kitamae-bune:20180319195455j:image

また、『酒田の歴史』(中学生向けの副読本)があることを教えて頂けたのも豊岡さんでした。豊岡さんは酒田に来られるまでは江差の高校の教員で、江差追分の舞踊もされていたといい、北前船に思いを寄せる背景がわかりました。その後も沢山の資料に送っていただき、丁寧な手紙が添えられていたのにはびっくりしました。

酒田では北前船にあつい思いのあるガイドに出会えてよかったと思っています。

瀬戸内坂越の北前船交流記第18号

瀬戸内坂越の北前船交流記第18号野辺地

                 2017年2月13日 (2018年4月追記)

  青森駅から青い森鉄道に乗って野辺地に着いたのは2016年の9月初めでしたが、途中の青々と繁っていた木々に青森の地名の由来を感じました。
 
f:id:kitamae-bune:20170207215427j:plain
 
ここでは、野辺地歴史探る会の会長の鈴木幹人さんから多くの事が聞けました。それは野辺地が六ケ所村と隣接している事、日本最古の鉄道防雪林、そして北前船の話からは、野辺地は帆船時代北方交易の重要な拠点の1つとして、有力な豪商たちが競って入港していたのがわかりました。

 

  
f:id:kitamae-bune:20170207221635j:plain
  最も知りたかった坂越の奥藤家の足跡はありませんでした。これは、ネット上の「文化分解」のサイトに、奥藤家が年2回、瀬戸内海で塩を積み日本海を北上し、
帰りは野辺地や田名部で材木!酒田で米を積み、大阪へ運んでいたと記述があったからでした。しかし、野辺地の廻船問屋五十嵐家の、野辺地久星客船帳にも入港記録さえありませんでした。瀬戸内では竹原の塩の取引の古文書が沢山ありました。

 本州最北端の下北半島には、北前船とともに上方から入ってきた食文化や祭りがあると言われ、その代表のねぶた祭についても聞きました。
 f:id:kitamae-bune:20170210181420j:plain

 この中で、田名辺祭りは、京都八坂神社の祇園祭りの流れをくむとされる説があり、山車の形態、囃子にその痕跡があるといわれています。
  この祭りは、北前船の時代の前、近江商人下北半島で活躍していた時代からあったようで、近江商人の発祥の地の滋賀県高島市には、田名部祭りに類似した山車祭が存在がある事から、これが田名部に伝えられた説があります。いずれにしても経済力がなければ、祭りが続けられなかったのは明らかで、廻船問屋の存在があったのがわかります。
 
 下北半島ねぶた祭りが、日本海側に伝えられた例に、能登半島珠洲市飯田町の「飯田燈籠山祭り」があります。この祭りで使われる山車は16メートルの高さがあり「燈籠山(とろやま)」と呼ばれています。この山車は、五所川原市の山車が19メートルある点が似ています。 
f:id:kitamae-bune:20180411114029j:image

  珠洲市の塩田村の横道社長の話で、瀬戸内の塩を流入を抑える為に加賀藩は厳しく、北前船の入港を監視していたと氏の投稿にありました。この話から、青森から入る北前船には規制はなかったのだと思いました。


 鈴木氏が責任者になっている、「野辺地歴史を探る会」のFBには、銭屋五兵衛等、加賀藩の話が多くあり野辺地の深い関係から、陸奥地方にあるねぶた祭りと関係していたかもしれません。
 ねぶた祭りの起源には、諸説あるのがわかりましたが、どれが正しいかというより、どれも正しいと考えるのがよさそうです。


f:id:kitamae-bune:20180411171050j:image
 また野村屋治三郎が、北前船で運んで店前に敷いていた敷石が、大坂城改築の際に切り出され残された土庄町小海の「残念石」の一部とわかり、野辺地町の町立愛宕公園の石段などに使われていたことが判明しています。土庄町の残石公園の石と、兄弟石であるとの縁で友好記念公園協定を結ばれています。

 この調印式に野辺地まで行ったのが南堀さんでした。

 5月初めて南堀さんにあった時、淡路に野辺地の中谷市長も来られる話をすると、北前船寄港地フォーラムに行かれ中谷市長に挨拶をしていました。以来、坂越での北前船の歴史講演、そして、今年2月の兵庫県県政150周年記念行事にもゲストとして、コメントを頂きました。この時、誰も語れなかった「北前船」を明楽みゆきさんが熱く語り、これまで地元で知られていなかった北前船の話に感激した人は多かったようです。      矢竹考司

 

 

 
   

 

瀬戸内坂越の北前船交流記第17号

 

 北海道小樽の北前船の足跡第17号
      2017年1月20日
  投稿して頂いた伊東直人氏は、小樽観光大学校の「おたる案内人マイスター」としてボランテイアとして活躍中で、国交省北海道運輸局から北海道旅客船協会専務理事を平成26年に退任された方です。
 
 氏には赤穂版6号の嶋谷海運史の発行にあたり、小樽に残る、旧嶋谷汽船社長宅の写真の提供をして頂いています。
 
また前回の16号の中で書いた尾道の石工の事が書かれていたので問い合わせした処、以下の返事が頂けました。石段は遠藤又兵衛が寄進したもので、氏は山形出身の海産物商で明治後期に活躍した商人で現在もその邸宅の一部が保存されています。尾道市石工、寄井彌七と取次、小林利兵衛の石碑は、遠藤の寄進した石段の最上段にあります。(矢竹考司)
  

f:id:kitamae-bune:20170115072649j:plain

            
 
     

f:id:kitamae-bune:20170115072756j:plain

       投稿者 伊東直人(小樽市在住)

江戸幕府の下、領地で全く米が獲れない松前藩の財政を支えたのは、主に蝦夷地でアイヌが収獲した海産物などとの交易による収益でした。

 江戸中期になると鰊による〆粕は、西日本方面の棉や藍、菜種などの肥料として需要が高まり、近江商人に雇われた北陸地方などの船乗りにより西廻り航路で日本海、瀬戸内海沿岸の諸港に寄港し、大阪まで運ばれました。

一方、松前藩蝦夷地では、生活に必要な米、塩、醤油、味噌などの食料品や衣類、藁製品などは、本州方面からの移入に頼っていて、漁猟中心の蝦夷地で瀬戸内の塩は、魚の処理、保存に欠かせない貴重なものでした。

 明治に入り、蝦夷地は北海道と改められ、明治政府による北海道の本格的な近代化が推し進められます。その拠点となる開拓使の本府が札幌に置かれ、札幌に近い小樽港は海上輸送の玄関口として位置付けられます。

鉄道など陸路が未整備であった当時、北前船が北海道の開拓に必要な物資や開拓移民の生活必需品などの輸送を担い、北前船の存在なくして北海道の開拓はあり得ませんでした。

 小樽は、元治2年(1865)場所請負制度が廃止され「村並み」となり、本州の村と同等に扱われることになったこの年を開基としています。

 物資の集積地となった小樽には、その保管施設である倉庫が立ち並び、廻船問屋や金融機関なども進出し、まさしく北海道経済の中心地として飛躍期を迎えることになります。

f:id:kitamae-bune:20170115074834p:plain

 明治20年代から30年代には、北陸地方北前船主である加賀市橋立の西出孫左衛門、西谷庄八の旧小樽倉庫(北海道における最初の営業倉庫)、増田又右衛門の旧増田倉庫、加賀市大聖寺瀬越の大家七平の旧大家倉庫、廣海二三郎の旧廣海倉庫、福井県南越前町の右近権左衛門の旧右近倉庫などの石造(木骨石造)倉庫が次々と建てられていきます。

日露戦争で日本の領土となった南樺太への中継基地として、また、鉄道の延伸や港湾の整備などにより輸移出入港の拠点となった小樽は絶頂期へと向かっていきますが、この頃から北前船は小樽の港から姿を消していきました。

f:id:kitamae-bune:20170115075236p:plain

 

 海の守護神を祀る小樽住吉神社には、大家、廣海両家の寄進した鳥居(明治30年建立)や尾道の石工が築いた石段、揖保乃糸播州素麺會社の玉垣など、各地の北前船に関連した痕跡が数多く残されています。

 また、「北前船考」(昭和32年)などを著し、北前船の研究で先駆的な役割を果たした故越崎宗一氏は小樽生まれ(越崎家の郷里は加賀市大聖寺)であるなど、小樽と北前船とは深い縁があります。

 昨年11月、北前船の寄港地をめぐる旅で坂越や下津井、塩飽本島、鞆の浦、竹原などを訪れ、各地で北前船の遺産等について見聞する機会を得ました。坂越では「坂越のまち並みを創る会」の門田守弘会長から北前船の日本遺産認定に向けた取り組みの話を伺い、下津井の「むかし下津井回船問屋」矢吹勝利館長とは、双方の干拓、開拓に北前船の果たした役割に触れ、今後の交流を深めていくこととし、早速、小樽の北前船に関連する写真を館内展示していただきました。

北前船が小樽発展の礎を築いたのは紛れもない事実ですが、小樽と北前船のさらなる関係解明や有形・無形の北前船文化の観光資源としての活用方法など、まだ多くの課題が残されています。

      

 

 

瀬戸内坂越の北前船交流記第16号(鳥取)

 

    

日本海鳥取北前船の足跡 第16号    

                        2017年1月13日
   今回は、子供から高齢者まで「約500世帯」の氏子だけの奉仕で、大規模な祭りを執り行っている鳥取市の賀露神社ホーエンヤ祭です。

f:id:kitamae-bune:20170123061147j:plain


 賀露神社にお伺いしたのは2016年の3月でしたが、境内に続く階段を上がって行くと、高台にある境内からは鳥取港が見えました。これは坂越の大避神社にどこか似ていました。
 宮司の岡村 吉明氏から、賀露神社会館でホーエンヤ祭の写真を見せて頂きながら説明をして頂けました。
 
 この祭りは鳥取県指定無形民俗文化財にもなり、みこし・行列を乗せて千代川を下る箱船とその周りを、にわかにふんした青年が乗ったホーエンヤ船が航行するもので、湾内を一周して豊漁を感謝するホーエンヤと呼ばれる神輿の海上行列も行われ、これが祭り最大の魅力となっているとの話でした。この祭りは約1250年前、同神社の祭神になっている吉備真備公が遣唐使としての帰り、嵐に遭い、賀露沖の島に漂着し、住民が船で陸へ奉曳(ほうえい)したとの伝承が起源だとされた事から島の近くを通り、海岸まで奉曳される話でした。
 f:id:kitamae-bune:20170105062733j:plain
 それから2か月して「ダイドードリンコ 日本の祭り」の放映があり、エジプト考古学者の、吉村作治早稲田大学名誉教授がプロデュースしたドキュメンタリー番組「地域創生の船行列~賀露神社ホーエンヤ祭り」として取り上げられていました。この中で陸を練り、海を渡たるこの神事に、各世代間がつながり、子供からお年寄りまであらゆる世代の人々が一つとなって構成され賀露地区の500世帯が総出して成し遂げられいるのがわかりました。単に祭りの紹介ではなく、地域の今や、人と人のつながりを映し出していました。これを見て祭りには全国に発信できる力があり、住んでいる人 のつなが りも深めると感じましたが「祭りは日本の心のすぐそばに」いうスローガンのもと、吉村氏の冒頭の言葉には、祭りの当事者だけでなく見ている人にも力が湧いてきそうでした。この賀露神社の祭りは「1250年前に吉備真備が船で島に漂着が起源」「地区の500世帯」「陸と海の2つの見せ場がある祭り」等がこれも坂越の船祭りに似ていました。

f:id:kitamae-bune:20170123061613j:plain

 
 祭りの話の後は北前船の話になり、竹野の人が書いた「但馬.廻船史話」を見せて頂きました。鳥取市は平成29年秋に北前船寄港地フォーラムが開かれ、その会場の一部になるのが賀露神社になるらしく、宮司の岡村氏が案内をするとの事で、これから忙しくなると思いました。境内には大避神社にも残っている、錆びた錨そして、1800(寛政12)年に地元の廻船業者が寄進した石灯籠があり「尾道の石工の作で、原石は北前船で運ばれてきたらしい」と説明して頂けました。この話から尾道市学芸員の西井さんが、尾道の石は全国の北前船寄港地に残っているので、平成30年のフォーラムまでにそれを調査すると言われていたのを思い浮かべました。地元でわかなくても、寄港地側に残る石造物から発見できる例が、賀露神社で初めて発見し、石造物は古文書と同等の価値があるのが確認出来ました。また北前船を縮小した木造船の模型がある倉庫も見せて頂けましたが、かっては北前船の交易が盛んだったこともわかりました
 
f:id:kitamae-bune:20170105062128j:plain
鳥取の次に行った島根県文化財の松江のホーランエンヤ祭は、もともとあった祭りに北前船の船頭が新潟から囃子等の文化を伝たえたらしく、似た祭りの文化は全国で17ヵ所ありいずれもが新潟より南の北前船寄港地にあり、鳥取市の賀露神社ホーエンヤ祭りも分布図にありました。瀬戸内海では広島と大阪にありましたが坂越の船祭りにその掲載はありませんでした。(矢竹考司)
    

  

瀬戸内坂越の北前船交流記第15号(北海道から坂越

 

 瀬戸内坂越の北前船を-札幌から第15号 

                   2016年12月23日

 

  坂越の北前船に関わるようになって以来、北前船関連で出会った方とは、それが始まりとなる事が多いです。

 北前船は過去のものになっていますが、今も人と人をつなげる何か魅力がある事を実現しました。

今回投稿して頂いた松尾さんが、札幌から坂越に来られたのは2016年10月でした。この時は、ボランティアガイドとして、坂越の廻船を案内しました。

松尾さんから、ブログ「林住庵おち漫遊記」の話をお聞きしました。

 

五木寛之著の「林住期」から触発された話に感銘していました。

 そんな事があって11月江差で再会した時は、とても驚きました。 

 再び「林住期」の話になりましたが、この時、北前船はこれから観光資源になって行くと実感しました。 

久ぶりに松尾さんのブログを見ると第240号で「北前船、赤穂から江差まで」が掲載されていたので投稿をお願いしました。(矢竹考司)                     

北前船江差から坂越まで                           

  10月に句会があって 訪れた赤穂市で四十七義士像が並ぶ大石神社に参詣してきました。 当地で有名なのは「討ち入り」なので外せません。 神社のあるJR播州赤穂から一駅姫路寄りの市内・坂越(さこし)という港町の面影を残したまち並みの地区に寄りました。 地酒「忠臣蔵」の蔵元・奥藤家は 討ち入りのあった元禄時代から100年程も前から 廻船業も営んでいた大店であり 「奥藤酒造郷土館」には北前船の模型をはじめ往時の歴史資料が展示されています。

 

f:id:kitamae-bune:20170104220520p:plain

 

 隣接する観光案内所「坂越まち並み会館」に入って思いがけず北海道との繋がりを感じる出会いがありました。 当日、館に詰めていた北前船文化の 調査をしているという矢竹さんと話をするうちに11月に北海道で「北前船寄港地フォーラム」があることが判明、がぜん興味が湧いてきました。フォーラムの開催要領をいただき 会合には坂越からも参加する旨聞き 帰宅後参加手続きを行いました。

当地では観光面で仇打ちばかりでない観光資源として「北前船寄港地」をキーワードにまち興しに取り組んでいます。 函館には5年住んだ関係から、北前船が江戸時代以降近世まで日本の物流を支えた大動脈だったことや江差追分等の郷土芸能・文化が北前船で運ばれたことを身近に知っていただけに北前船に寄せる思いは格別です。  

f:id:kitamae-bune:20170104220348p:plain

 

11月11日のフォーラムは 会場の江差町文化会館に全国13寄港地がある県から600名を集め 盛会裏に開催。  江差追分始め郷土芸能披露のあと 新幹線開業後の道南函館観光を軸にパネル討論が行われました。  会場入り口には坂越のPRブースも設置されていて1ヶ月ぶりに北海道で矢竹さんと再会するという不思議な縁がありました。 フォーラム終了後のレセプションでは寄港地フォーラム第1回開催地の酒田市市議さんと同席となりフォーラムが始まった経緯を聴くことができました。 東京一極集中でなく特徴のある地域文化を発信していく狙いで北前船を横糸としてつなげた地域連携型フォーラムが出発点でかつての日本海側こそ表日本だと主張してきているとのこと。 北前船が日本遺産に登録されて現代に甦ることを期待してやみません。(松尾誠之)