瀬戸内坂越の北前船交流記

第19回までは「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成したものです。

坂越の北前船交流記第23回(小豆島土庄町から)

「坂越の北前船交流記第23回」(小豆島土庄町から)
     
2017年6月、兵庫県支援事業の北前船の歴史講座が大避神社でありました。
    この時、土庄町の南掘英二さんに北前船の講演をお願いしました。

 
f:id:kitamae-bune:20180731200228j:image

    これは、土庄町と坂越が同じ地域(酒田、野辺地)に北前船の足跡があったからでした。

  このシリーズ「坂越の北前船交流記18号野辺地」(下記のURLをクリック下さい)sakosi-kitamaebune.hatenadiary.jp

 

 

投稿で、 野辺地まで友好公園協定の調印式に行った南掘さんと出会えました。

こうして小豆島に行くようになりました。
f:id:kitamae-bune:20180801070121j:image

 
f:id:kitamae-bune:20180801065721j:image
坂越での北前船のイベントだけでなく備前牛窓、下津井、笠原諸島等の歴史と食の旅を通して交流しています。
 
f:id:kitamae-bune:20180731183544j:image
f:id:kitamae-bune:20180731183915j:image


f:id:kitamae-bune:20180731184139j:image

   今回の投稿は、坂越が北前船寄港地で日本遺産認定記念に発行した「越浦30号」に掲載しています。(矢竹)
f:id:kitamae-bune:20180731143035j:image


  坂越は、歴史の重みを醸し出す街
                                                                         2018年6月29日
                      小豆島土庄町  南堀 英二

 

「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間―北前船寄港地・船主集落」

赤穂市が日本遺産に認定されましたこと、誠におめでとうございます。
  

  昨年の六月十七日に、私は「坂越のまち並みを創る会」(門田守弘会長)のお招きで坂越をはじめて訪れました。

f:id:kitamae-bune:20180731185738j:image
     大避神社での「小豆島の塩と石と北前船について」の講演当日の早朝、
私は赤穂御崎経由で海岸沿いを車で走り、坂越湾に浮かぶ生島を右に見ながら坂越大道に入った瞬間、思わず「ああ、ここは」という声が出ました。坂越のまち並みが悠久の歴史の重みを醸し出していたからです。 
f:id:kitamae-bune:20180731172038j:image

  もっと驚いたことがありました。
f:id:kitamae-bune:20180731173416j:image

坂越湾沿いに建つ奥藤家の邸宅の石組みが、お城の石垣に用いられる「鉢巻積」とよばれるもので、小豆島の属島である豊島で材木商と廻船業で名を成した「片山家(邸宅は町指定、庭園の蘇鉄は県指定文化財)」がこの石組でした。
f:id:kitamae-bune:20180731152454j:image


f:id:kitamae-bune:20180731152606j:image

  三十数年前、調査のために片山邸を訪れると県の文化財保護委員から、「南堀君、この片山邸の石組みを覚えておきなさいよ、これだけの石組み、民家ではなかなかありませんよ」と言われたことを懐かしく思い出しました。
f:id:kitamae-bune:20180731165525j:image


f:id:kitamae-bune:20180731193349j:image



  それがこの間、「坂越のまち並みを創る会」の矢竹考司さんと
岡山県の児島に江戸時代に日本一の塩田王と謳われた旧野崎家住宅(国指定重要文化財)を訪れると、なんと野崎家の御成門の石積みが「鉢巻積」でした。

  坂越には、天然記念物の「生島樹林」、重要無形民俗文化財の「坂越の船祭」、
「黒崎墓所」、「大避神社」など貴重な文化財が数多くあり、悠久の歴史の重みを醸し出しています。

 しかし、坂越には奥藤家の石組みのように、まだまだ知られていない文化財が数多くあると思います。赤穂市、そして坂越の皆さん、新しい発見を小豆島より祈念しております。

坂越の北前船交流記第22回(酒田3)

坂越の北前船交流記第22号(酒田第3回)
                                    2018年7月19日
 6月25日 秋田から酒田に行き、2年前お世話になったガイドの豊岡紘子さんと荘内日報酒田支局をまず訪ねました。

 2年前、荘内日報では「北前船航路の旅」のシリーズを連載中でした。その中から酒田を紹介します。

  富樫慎論説委員長に、北前船のシリーズへの投稿をして頂いていたので感謝の気持ちを伝えました。

 

f:id:kitamae-bune:20180719061402j:plain

その時の富樫さんの投稿は、下記のブログにあります

http://sakosi-kitamaebune.hatenadiary.jp/entry/2017/01/04/192051

その後、大信寺の新田住職は、坂越の人のお墓が聖徳太子像の横にあったのが謎だと、2年前になかった言葉が最初にありました。
f:id:kitamae-bune:20180719124607j:image

坂越の人達は、聖徳太子の1番の側近の秦河勝を古くから慕っていたから、太子像の横にと懇願したのではないかと、梅原猛の『聖徳太子』から河勝を話し勝手な見解をしました。
 

この墓地には、北前船の他国船墓地が あったと酒田市史にありましたが、今も残っていたものは天保の時代以後ものでした。

 元禄期のお墓(1699)で、坂越が唯一残ったのは、太子像の横に建立していたからと想像したのです。
f:id:kitamae-bune:20180719083920j:image

 この墓の上に何か乗せていたの跡がありましたが、多分この上にあった物を1810年に坂越に持ちかえり、黒崎墓所地蔵尊として残したのではないかと考えています。
f:id:kitamae-bune:20180722121129j:image

その地蔵尊は、今も坂越の黒崎墓所に残されていますが、これが碑文にかかれています。 
f:id:kitamae-bune:20180722121513j:image

新田住職から、太子像の譲受書は坂越の墓と同じ元禄年間だと言っていました。
f:id:kitamae-bune:20180719080018j:image

 太子像は鍵が壊れたので別の場所に保管して公開はしないと言っていました。

 昼食後、1人で光丘文庫に行く予定でしたが、横山さんも一緒に客船帳を調べてくれました。
f:id:kitamae-bune:20180719084926j:image

 2年前、新たな古文書が大量に発見されていた事を知り、それがこの5月から一般公開されていました。
  

 客船帳は、1810年頃から明治後半迄のもので九州から 入船記録が多くあり薩摩の印もありました。
f:id:kitamae-bune:20180719084313j:image

  67点の客船帳がありましたが、この時代から瀬戸内海の廻船は、日本海の廻船の活躍で多くが北前船から撤退していました。

その為、瀬戸内の多くが寄港地として港が残たのでした。 

 

 瀬戸内では備前が4件あっただけで、これを岡山の方に調べて頂いきましたが牛窓ではないのがわかりました。

 それでも坂越の廻船は、日本海から江戸へ転換して、塩の廻船をし廻船業は生き残りました。

 豊岡さんが、これなら、あいおい美術館にい行けばいいと、酒田美術館の理事でもある工藤幸治さんを紹介していただきました。

 光丘文庫の客船帳は、工藤さんが去年寄贈したものだった事がわかり、ここで2時間近くお話しました。

 


f:id:kitamae-bune:20180722122339j:image
あいおい美術館に江戸期の人形等貴重なものが沢山展示されていました。
f:id:kitamae-bune:20180719084531j:image
酒田は今、 西郷どんと河村瑞賢生誕400年のツアー客でガイドは忙しいといっていました。(矢竹考司)








坂越の北前船交流記第21回(北海道)

坂越の北前船交流記第21回(北海道)

北前船巡りの3年目は、北海道で最初に札幌の北海道神宮にお詣り。

f:id:kitamae-bune:20180705091221j:plain

 ここで毎年6月北海道神宮祭があり、前週の15日に奉納演奏していたのが明楽さんのfBにありました。

f:id:kitamae-bune:20180705150334j:image

 その後、開拓史建築で歴史ある豊平館で、明楽さんのチェンバロ演奏、北前船講演を聴きました。

 この時、入り口やチェンバロの横で写真をお願いしたのが、桑田美樹さんの娘さんだったのが後でわかります。

 
f:id:kitamae-bune:20190321121800j:image

6月 22日、札幌から500キロ東の根室金比羅神社にお詣り。

 

 
f:id:kitamae-bune:20180705093654j:image
 境内には高田屋嘉兵衛銅像、嘉兵衛が創時に始まった祭りの神輿があり、前日の北海道神宮祭と共に北海道の3大祭りの一つ。
f:id:kitamae-bune:20180705094555j:image
  御朱印には「祈返還 北方領土」のスタンプが押され、前田康宮司の高田嘉兵衛、北方領土のお話に感銘。

 
f:id:kitamae-bune:20180705143729j:image

 前田宮司に、明楽さんのFM番組、北前船寄港地フォーラムの話をしています。

 その後、明楽さんの番組に出演され、その後坂井市三国湊での北前船寄港地フォーラムのパンフレットを送っています。

  

 その夜、名城100巡りで再会した山形市観光協会でガイドで活躍中の大貫和春さんと居酒屋で「北の勝」を呑みながら語り合います。f:id:kitamae-bune:20180705174310j:image

 大貫さんとは、2017年9月の野辺地の北前船寄港地フォーラムの帰り、高崎市の名城巡りで初めて会っています。

 JR東日本のキャンペーンが、6月21日から始まり北海道の城巡りには、不可欠なキャンペーンで始発の北海道新幹線の中で偶然再開。

f:id:kitamae-bune:20190321124734j:image

 大貫さんは、酒田市山形市の文化や言葉の違い、 山形市教育委員会に協力した企画を語っていたので、大貫さんが名城100巡りが見事完結したら、記念に明楽さんの番組で語っては?などと話したりしました。

 それから9ヶ月、明楽さんの番組に出演しています。

 

 23日は、日本で一番早い根室の日の出を見て、始発で800キロ西の松前にJRとバスを乗り継ぎ移動。

 夜は松前の手前の800年の歴史がある温泉宿に宿泊。
f:id:kitamae-bune:20180705094241j:image

  この旅では「北の誉」を明楽さんの打ち上げの時、明楽さんのFM放送で聴いた「北の錦」のエピソードを北斗市観光センター別館の酒舗稲森屋の稲村社長にお話しを聞きながら呑みました。
f:id:kitamae-bune:20180705112157j:image
   
24日は、松前城の中にある松前神社のお詣りから。


f:id:kitamae-bune:20180705174611j:image

 松前城には、北前船の日本遺産の構成文化財2点が展示され、お城と北前船の足跡を一緒に見たのは松前が初めてでした。
f:id:kitamae-bune:20180705112024j:image

  その後、ブログ「すすめ北前船17号」木古内最勝寺にお参りしました。

f:id:kitamae-bune:20180705174838j:image

    帰りは、秋田、酒田で下車して、2年ぶりにガイドの方に北前船の足跡を再び案内して頂きました。秋田の佐藤節子さんの話は、明日6日のfm番組「進め北前船」のコメントで、酒田はこのシリーズ22回で紹介します。

 赤穂市のHPから、瀬戸内坂越の北前船の日本遺産の登録文化財を紹介します。

http://www.ako-hyg.ed.jp/bunkazai/japanheritage/sakoshi/index.html
矢竹考司











































 

坂越の北前船交流記第20回(日本遺産)

坂越の北前船交流記第20回(日本遺産)

 赤穂市北前船寄港地として日本遺産の認定を受け、かって栄えた坂越の船主集落を全国に紹介される事になりました。

 この認定は、北前船寄港地フォーラム、そして行政のバックアップで実現しました。

 


 日本遺産に追加認定された翌日、認定書を中国大連の北前船寄港地フォーラムで、門田さんが受け取りました。

f:id:kitamae-bune:20180629113507j:plain

  およそ300年も昔の坂越の廻船の活躍の足跡を今に伝えているもの!
 それは、坂越の船祭り、坂越のまち並み、坂越浦会所、大避神社再建、そして、風よけ港の役割をはたしていた、天然記念物の生島!

f:id:kitamae-bune:20180701095910j:plain

  7つの構成文化財の中で5つは、坂越の人達が慣れ親しんだもので、これらが日本遺産として文化庁が認め、北前船のキーワードで実現しました。

f:id:kitamae-bune:20180701100045j:plain

  この有形無形の遺産を、坂越の子供達に誇りが持てる道筋が、6月第2週の赤穂新聞に掲載がされています。
 これは、北前船拡大機構が企画したもので、坂越が兵庫県の「こども交流拡大プロジェクトの推進」のモデル地区になり、日本遺産の構成文化財が集中する坂越の小学校で北前船の授業をする事になったものでした。
 
 f:id:kitamae-bune:20180629211102j:image
  赤穂市北前船の遺産は、坂越地区、酒田市の他、鶴岡市浄土真宗のお寺にもあります。
 鶴岡市の浄禅寺に残る鐘は(写真)、北前船寄港地フォーラム相談役の茂木仁さんの調査でわかったものです。
f:id:kitamae-bune:20180629211229j:image

 

 赤穂市が、日本遺産に認定される3ヶ月前の2月25日、坂越小学校で開催した兵庫県政150周年記念事業「坂越のまちづくりの将来を考える集い」がありました。

f:id:kitamae-bune:20180629113654j:plain

 札幌の明楽みゆきさんが、北前船寄港地が日本遺産になった寄港地の喜びを熱く語っていました。

 

 それから3ヶ月、赤穂市北前船で日本遺産に追加認定され明楽さんの話が現実のものになりました。
f:id:kitamae-bune:20180629211604j:image

 その明楽さんのチエバンロ演奏、北前船講演が札幌である6月21日は、JRのキャンペーンが始まる日で毎年利用している北日本の旅をしました。
f:id:kitamae-bune:20180629211843j:image

 今年も、5日間3300キロの鉄道の旅は、北海道を東西の北前船高田屋嘉兵衛を巡る旅になりました。

 帰りは、秋田そして酒田で下車し、鶴岡市を通過したのは25日で、この時の鶴岡市の鐘の存在をまだ知りませんでした。

 日本海側の浄土真宗のお寺には、坂越の北前船の歴史遺産がまだあるかもしれません。 矢竹考司

 

尚、このシリーズは、「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成した「瀬戸内坂越の北前船交流記第1号は以下のようなものです。

http://sakosi-kitamaebune.hatenadiary.jp/…/2017/01/02/091211

もっと見る
 

坂越の北前船交流記」第19回(岩国)

 坂越の北前船交流記」第19号(岩国)
      
                    2016年12月24日         
 今回は、瀬戸内海の坂越発祥のアース製薬の創業者にゆかりある方が出版した『嶋谷海運業史』から、まだ帆船が主流の時代にいち早く蒸気船に転換して小樽等で活躍していた嶋谷海運を紹介します。
 
 岩国には、名城100巡りで2016年7月にいきましたが、その時のガイドは、北前船の話は聞いた事がないとの話でした。
 案内は、観光協会の方が佐々木小次郎の歌や踊りを披露してくれました。f:id:kitamae-bune:20180324181201j:image
 岩国観光の中心は、錦帯橋岩国城、そして佐々木小次郎で、北前船には全く関心がありませんでした。
f:id:kitamae-bune:20180324181318j:image
 それから5ヶ月、坂越まち並み館に『嶋谷海運史』が届きます。
 これは、赤穂市内のほぼ全域の公民館で展示していた、この北前船シリーズ(写真)を見られた伴信彦氏が旧友で神戸市在住の嶋谷徹氏に伝えたからでした。
 
f:id:kitamae-bune:20180325061731j:plain
 
 嶋谷氏が、自ら出版した『嶋谷海運業史』には、岩国由宇を拠点に北前船航路で活躍していた事が書かれていました。
 
 添えられていた手紙には、氏の亡きお母さんの父親にあたる方が、坂越の木村製薬(現、アース製薬)の創業者の木村秀蔵氏だったことが書かれていました。
 
 京大で金融論を選考、三井銀行に入行し海運業界の道に進まなった徹氏の先祖への想いが述べられています。
 「われわれ子孫が今日こうあるのも、時代の波浪、激流の仲を奮闘努力した先祖のお陰であるとしみじみ実感でき、感謝の念と共に、こうした先人の努力や想いを少しでも理解し次の世代に伝えられれば……」と。
 
 戦前に国策で三井船舶と合併させられた時、社員によって編集された『嶋谷汽船略史』をベースに、残された断片的な資料をシグソーパズルをはめ込むようにつなぎ合わせ、
 御夫妻で各地の嶋谷汽船の足跡を訪ね出版されたもの。
 
 1877年(明治10年)岩国由宇で氏の曽祖父、徳右衛門氏が廻船業を開始。
 由宇の海運業者(北前船廻船業者)の多くが、鉄道の開通、電信電話の発達等の時代の変化に対応できず次第に廃業に追い込まれます。
 こうした状況の中、嶋谷汽船(当時は嶋屋)は活躍。
 
  江戸期の由宇は、廻船で栄え岩国藩の水軍が由宇に置かれ集積や積出港として、藩の出先機関まであった港町だった資料が、岩国由宇歴史民俗資料館に展示。


 



  明治の北前船は、江差から小樽に舞台が変わり、段々と帆船から蒸気船に変っていった時代。

この時代に嶋谷海運は、廻船業を始め船旗に「上」を使用。
 下記の村上水軍の旗の「上」の文字との関連について『嶋谷海運史』では、ミステリーとして書かれその関係は不明と掲載。
f:id:kitamae-bune:20190103095803j:image
 二代目長男徳三郎氏の代に、1895年イギリス製の浦門丸(528t)を購入する等帆船からの脱却を早い時期から図ります。
 1901年頃から、大和型帆船や木造汽船を処分し、堅実第一主義の経営に徹底し岩国由宇では嶋谷汽船だになります。

 嶋谷汽船は、北前船航路の運航に蒸気船で進出し三国、伏木、小樽にも営業拠点をもうけ専用の定期便があったと述べられています

  

f:id:kitamae-bune:20180416152850j:plain

  旧嶋谷社長宅は、今も小樽市文化財として残っています。
 2016年10月、小樽から来られた伊東直人さんの協力で、現在もある嶋谷汽船旧社長宅の写真の掲載ができました。

 岩国の廻船業も、近代化の波で消滅してゆきますが、その事業によって蓄えられた財力で、酒造業・金融業・織物業・造船業・海運業など、由宇の産業のうつりかわりの資料がこの博物館には展示されています。(矢竹考司)

坂越の北前船交流記第7回(酒田)

 坂越の北前船交流記第7回(酒田)

     2016年9月6日(2018年追記)

 酒田では、北前船にとても熱心なガイドの豊岡紘子さんに、自転車で効率的に案内をしていただきました。  

 案内された日和山公園には、北前船航路を確立した河村瑞賢の銅像がありました。また文中にあるまだ公開されていない、酒田の客船帳が2018年4月に公開されるので、見に行こうと思っています。
f:id:kitamae-bune:20180319194218j:image

  立派な常夜灯の南側に、坂越田淵文治朗、北側の文字は消えていましたが『酒田の歴史』中学生向けの副読本から播州坂越田淵庄三朗と高田屋手中の文字が並んでいることが記されていました。
f:id:kitamae-bune:20180319194419j:image

 田淵家は赤穂で1673年より塩田、塩問屋、廻船業を営み、文化文政時代(1804→1830)には日本最大の塩田の持ち主でした。しかし、この田淵家ではないのがわかりました。

 次に案内された 酒田市資料館では、偶然会った、庄内酒田古文書館の杉原館長から、つい最近新たな大量の古文書が発見されたので、坂越の廻船や赤穂塩の事で新たな事実がわかるかも知れないと教えていただきました。
f:id:kitamae-bune:20180325061157j:image

 この後からは一人で、酒田美術館に北前船寄港地フォーラムの議長の石川館長を訪ねました。学芸主幹の熱海氏から話をお聞きした後、北前船日本遺産応援饅頭と共に冊子をお渡ししました。

 

 その後、荘内日報の富樫編集長を訪ね、ご自身が新聞協会に投稿したものを再投稿していただけることになりました。これは、事前にネットでも見れること伝えていたからです。

  最後に訪ねた大信寺の住職は、過去にも住職がかわり、ご自身も長野から来たと言っておられました。 

墓地は広大でしたが、『酒田市史』にあった他国船墓地と確認出来るものはなく、元禄時代の他国船員の墓は大西家のものだけが残っていました。 それはその墓がとても立派なものだったからだと感じました。当時の坂越の人の活躍と苦難を坂越の人達にも伝えねばと思いました。
f:id:kitamae-bune:20180319195245j:image

 

『酒田の歴史副読本』に、大信寺の過去帳には遭難等で客死した北前船の船員は坂越浦の人が一番多いと書かれていました。 

 
f:id:kitamae-bune:20180319195624j:image

 酒田駅についた時、ガイドの豊岡さんが出迎えてくれていました。まず見せていただけたのが、日和山公園にある常夜灯北側のある播州坂越.と消えていた文字で、それをわざわざ書いてきてくれていました。 
f:id:kitamae-bune:20180319195455j:image

また、『酒田の歴史』(中学生向けの副読本)があることを教えて頂けたのも豊岡さんでした。豊岡さんは酒田に来られるまでは江差の高校の教員で、江差追分の舞踊もされていたといい、北前船に思いを寄せる背景がわかりました。その後も沢山の資料に送っていただき、丁寧な手紙が添えられていたのにはびっくりしました。

ここでは、北前船に熱い思いのあるガイドに出会え多くの事がわかりました。

 酒田は、中学生の歴史副読本まで発行し、かっての酒田の人々の暮らしを今に伝えています。坂越の子供達は、かって坂越の人々が酒田で活躍していた事さえ知りません。その足跡が、酒田にも残されそれが坂越の船祭りに繋がった歴史を伝える時がいつかくると思っています。

坂越の北前船交流記第18回(野辺地)

坂越の北前船交流記第18回(野辺地)

 2017年2月13日(2018年4月追記)

  青森駅から青い森鉄道に乗って野辺地に着いたのは2016年の9月始めでした。
 途中の青々と繁っていた木々に青森の地名の由来を感じました。
 
f:id:kitamae-bune:20170207215427j:plain
 
 ここでは、野辺地歴史探る会の会長の鈴木幹人さんから多くの事が聞けました。
f:id:kitamae-bune:20180801074022j:image
 
 野辺地が六ケ所村と隣接している事、日本最古の鉄道防雪林、そして北前船の話を聞く事ができました。 
 野辺地は、帆船時代北方交易の重要な拠点の1つとして、有力な豪商たちが競って入港していた話から『菜の花の沖』を思い出していました。

 

  
f:id:kitamae-bune:20170207221635j:plain
 知りたかった坂越の奥藤家の足跡はありませんでした。それは、ネット上の「文化分解に」の以下のサイトに、奥藤家が年2回、瀬戸内海で塩を積み日本海を北上し野辺地に入った記述があったからでした。

 野辺地の廻船問屋五十嵐家の、野辺地久星客船帳にも入港記録さえありませんでした。

 あったのは、大西家の足跡があっただけでした。
 その他竹原の塩の取引の台帳が沢山ありました。
f:id:kitamae-bune:20180801090407j:image

 また、本州最北端の下北半島には、北前船とともに上方から入ってきた食文化や祭りがあると言われいるので、その代表のねぶた祭についても聞きました。
 f:id:kitamae-bune:20170210181420j:plain

 この中で、田名辺祭りは、京都八坂神社の祇園祭りの流れをくむとされる説があり、山車の形態、囃子にその痕跡があるといわれています。
  この祭りは、北前船の時代の前、近江商人下北半島でも活躍していた時代からあったようす。

 近江商人の発祥の地の滋賀県高島市には、田名部祭りに類似した山車祭が存在がある事から、これが田名部に伝えられた説があると聴きました。
    

   鈴木氏が責任者になっている、「野辺地歴史を探る会」のFBには、銭屋五兵衛等、加賀藩の話が多くありました。

 この事から野辺地と関係があったようで、下北半島ねぶた祭り日本海側に伝えられたかもしれません。

 この例に、能登半島珠洲市飯田町の「飯田燈籠山祭り」があります。この祭りで使われる山車は16メートルの高さがあり「燈籠山(とろやま)」と呼ばれています。この山車は、五所川原市の山車が19メートルある点が似ています。 
f:id:kitamae-bune:20180801100829j:image
 
ねぶた祭りの起源には、諸説あるのがわかりましたがどれが正しいかというより、どれも正しいと考えるのがよさそうです。


 また野村屋治三郎が、北前船で運んで店前に敷いていた敷石が、大坂城改築の際に切り出され残された土庄町小海の「残念石」の一部とわかり、野辺地町の町立愛宕公園の石段などに使われていたことがわかっしています。  

 土庄町の残石公園の石と、兄弟石であるとの縁で友好記念公園協定を結ばれています。
f:id:kitamae-bune:20180801095540j:image

     この調印式に野辺地まで行ったのが土庄町の南堀英二さんだった事が、このシリーズをfBへ投稿してわかりました。

 2017年5月初めて南堀さんに会い、淡路の北前船寄港地フォーラムに、野辺地の中谷市長も来られる話をすると、淡路で中谷市長に挨拶をしていました。
f:id:kitamae-bune:20180801074217j:image

 以来、南堀さんには、坂越での北前船の歴史講演、2018年2月の兵庫県県政150周年記念行事では、コメントを頂きました。

 この時、「北前船」を明楽みゆきさんが熱く語り、これまで地元で語られらなかった北前船の話に感激した人は多かったようです。      

 

         矢竹考司