瀬戸内坂越の北前船交流記

これは「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成したものです。

瀬戸内坂越の北前船交流記第3号(播州赤穂)

 瀬戸内坂越の北前船交流記第3号(播州赤穂)

        2016年5月13日( 2018年3月追記)

 

      今回は、北前船が運んだ算額文化を加速させた播州赤穂藩家臣の話です。  

  算額文化とは円周率等の問題や答えを絵馬(写真)にして神社に奉納する日本独特の文化で重要文化財になった算額絵馬もあります。

f:id:kitamae-bune:20170104054938p:plain

2016年3月坂越に来られた梶川雄二さんは、「北前船和算などをめぐって」の論文の話から、円周率を小数点以下7桁までの値を、日本最初に正しい値を出した浅野家家臣の村松茂清の話がありました。

 茂清の養子の秀直とその子高直が討ち入りに参加した時は茂清が亡くなって7年が過ぎた1663年に書かれた著書が「算俎」です。

f:id:kitamae-bune:20170104055338p:plain

 それは、この後、和算第一人者の関 孝和が算出した円周率より正確なもので、ニュートンの円周率の算出より13年早く、鎖国下の日本独自の和算へと発展しています。

 

f:id:kitamae-bune:20180324180618j:image

 和算は、算額文化になって日本海側の各地にも北前船を通じて伝播し、富山では石黒信吉が、航海術の本まで発行しています。

 赤穂では有年地区が和算はさかんで大津八幡神社算額絵馬は赤穂市指定の文化財になっています。 

 

 5月坂越に再びこられ「梶川与惣兵の子孫で私は敵側だ」との言葉に、梶川殿が止めていなかったら忠臣蔵の話は生まれなかたと言いました。

 

尚2016年末、梶川役で義士祭にでています。 (矢竹 考司)

 

f:id:kitamae-bune:20170301222524j:plain

 

北前船和算などをめぐって」

  北前船が山陰・北陸・東北日本海側を経由して当時「ここの5月は江戸にもない」との表現でも有名な北海道南西部の町江差にまで行っていたことはよく知られている。

 当時北海道では米が育たず米を堂島から持ち込み、帰りは江差のにしん、昆布を運んでいたようである。 

現在も大阪では、アイヌの娘の絵で有名な「えびすめ」などの昆布のお店が多々存在し、京都のにしんそばも有名である。

私は逆にそばが持ち込まれた江差で、にしんそばを横山家で賞味したことが何回かあるのである。

 文政13年版千葉雄七胤秀の算法新書も有名である。有名な江差の民謡「江差追分け」はこのような北前船による人的交流から生まれたようで、座頭の人がもたらしたと言われている。 また、和算もこの交流をもとにしてもたらされたようで、江差の横山家には「算法新書」が蔵に眠っており、もう一軒の古い家、にしん御殿で知られる関川家には「継子立て(ままこだて)」に関する興味ある書物がいくつか残存している。

 

 また、幕末の「函館戦争」(1868-1869年)の折りに軍艦船開揚丸が江差沖で座礁しており、海中から関流の和算の本が多くあがってきている。

 断片しかなかったものを襖に張り付けて乾かす根気のいる作業で復元したものである。 まさに江差は当時(江戸末期、明治初頭)としては現在の札幌をしのいでいた。以下略

下記のホームページにて全文が見れます。

http://sakoshi.moo.jp/%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/852-2/

 

梶川雄二(数学者 神戸市在住)