瀬戸内坂越の北前船交流記

第19号までは「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成したものです。

瀬戸内坂越の北前船交流記第14号(播州赤穂)

瀬戸内坂越の北前船交流記第14号(播州赤穂)

                         2016年12月14日

 

 12月は忠臣蔵の新説が紹介される事が多く、今年も西本願寺から新たな資料がでていました。

 2008年12月には日経ビジネスが故長谷川正康著(元東京医科歯科大学名誉教授)が書いた「歯の風俗誌」を紹介していました。


f:id:kitamae-bune:20180412180924j:image

 

これは元禄の刃傷事件を赤穂塩と吉良塩の確執から、描いたもので、大筋は以下のようなものです。  

 5代将軍綱吉に歯磨き用として赤穂塩を献上して以来、江戸では「赤穂塩」といえば歯磨き用の塩を意味するようになり、「赤穂名産花形塩」として江戸で評判になり、赤穂塩の江戸への進出がめざましくなっていったと。 

 それまで将軍家へ献上してきた吉良家の「饗庭塩」は、「赤穂塩」が綱吉に献上されてから「赤穂塩」に代わられて江戸での面目を失い、吉良家にとって浅野家は意識せざるをえない存在になり、これが吉良と浅野の不仲の遠因だったと話が展開されていました。  

 この将軍家への「饗庭塩」献上について、国会図書館にもその資料はなく、西尾市学芸員の方もそう言われていました。 さらに郷土史家加古文雄さんも吉良町に塩は、江戸には行っていと言っていました。

 

 墨田区の「たばこと塩の博物館」では、こんな面白いスト-リーが史実なら、塩の研究をしていた学者が論文で残していたはずだと。

 

その一方、「江戸の入れ歯師たち」や「噛む」には、1854年四壁庵茂蔦著「わすれのこり」と1855年山崎美成著「赤穂義士随筆」に、江戸での赤穂塩の人気ぶりが書かれてました。

 堀部安兵衛が、歯磨き粉で赤穂の焼き塩で、江戸で最も有名だった芝の「かねやすゆうげん」の店の看板を書いた絵を紹介していました。

その安兵衛の書いた看板は、去年の12月に赤穂観光協会の鍋谷会長ら4人で泉岳寺に行った時、赤穂義士記念館で私が見た看板の1枚でした。

 f:id:kitamae-bune:20170104215239p:plainf:id:kitamae-bune:20170104215307p:plain

 ただ、大高源吾も麹町の歯医者だった小野玄入の看板を書いて、赤穂塩が江戸で1番人気でお祭り騒ぎにまでなっていたと書かれていましたが、これは時代がはっきりしていません。

 

 その「かねやす」は今も残り、江戸期は塩を含んだ歯磨き粉を売っていたと言っていました。これで赤穂塩の江戸の活躍の史実と、吉良の塩の江戸での創作で、書いた架空の話だとわかりました。

 f:id:kitamae-bune:20170104215149p:plain

  長谷川氏の本から赤穂塩には、江戸でもドラマがあった事を知りました。赤穂塩が江戸まで運ばれるようになったのか、いつ頃かはっきりしていません。

 ただ、大阪の塩問屋へ柴原家や田淵家は運んていた事がわかつています。  

 当時、既に菱垣廻船が江戸まで活躍していたので、大阪から江戸に行っていたのかもしれません。

 1800年代に入り、北前船の参入が相次い事や、三田尻も塩を北海道まで運ぶよりなった事から、瀬戸内の廻船は衰退していきました。

 こうした中、坂越の廻船は江戸への塩廻船へ軸足を移して、江戸への廻船で赤穂塩が有名なったようです。

 長谷川氏の著書は時代が違う点を考えなければなりません。

 

赤穂で完成した入浜式塩田は、昭和28年鹿島建設によって流下式に変わるまで300年以上続き、吉良町もまた、昭和29年鹿島建設によって太平洋側で唯一流下式の工事が始まっていたのです、その流下式も国の政策により共に閉じていました。f:id:kitamae-bune:20170104215341p:plain

 

終わりに、この14号を書くにあたり、西尾市郷土史家の加古文雄さんには随分お世話になっています。

 吉良町の塩田跡等を丁寧に車で案内して頂いたのは去年の事でしたが、その時「饗庭塩」は岡崎の八丁味噌 に用いられ、「塩の道」を経由して長野県伊那地方や塩尻まで運ばれ、にがりが少なく良質だと珍重されたと説明して頂けました。   

 その加古さんと、この12月に再開が出来た時は懐かしい感じがしました。去年から続く交流で浅草では楽しい時間が持てました。  

 最後にはこのシリーズをお渡しして、来年3月にも再編集して兵庫県等に提出する話もしました。

 加古さんからは、暖かい声援を頂いて頂きました。  ( 矢竹考司)