瀬戸内坂越の北前船交流記

第19回までは「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成したものです。

瀬戸内坂越の北前船交流記」第19回(岩国)

 瀬戸内坂越の北前船交流記」第19号(岩国)
      
                    2016年12月24日         
 今回は、瀬戸内海の坂越発祥のアース製薬の創業者にゆかりある方が出版した『嶋谷海運業史』から、まだ帆船が主流の時代にいち早く蒸気船に転換して小樽等で活躍していた嶋谷海運を紹介します。
 
 岩国に行ったのは2016年7月。
 岩国では、北前船の話は聞いた事がないと、観光協会のガイドの方が佐々木小次郎の歌や踊りを披露してくれました。f:id:kitamae-bune:20180324181201j:image
 岩国観光の中心は、錦帯橋岩国城、そして佐々木小次郎北前船にふれない瀬戸内海の現実がここでもありました。
f:id:kitamae-bune:20180324181318j:image
 それから5ヶ月、坂越まち並み館に『嶋谷海運史』が届きました。
 これは、赤穂市内のほぼ全域の公民館で展示していた、この北前船シリーズ(写真)を見られた伴信彦氏が旧友で神戸市在住の嶋谷徹氏に伝えたからでした。
 
f:id:kitamae-bune:20180325061731j:plain
 
 嶋谷氏が、自ら出版した『嶋谷海運業史』には、岩国由宇を拠点に北前船航路で活躍していた事が書かれていました。
 
 添えられていた手紙には、氏の亡きお母さんの父親にあたる方が、坂越の木村製薬(現、アース製薬)の創業者の木村秀蔵氏だったことが書かれていました。
 
 京大で金融論を専攻し、三井銀行に入行して海運業界の道に進まなった徹氏の先祖への想いが述べられています。
 「われわれ子孫が今日こうあるのも、時代の波浪、激流の仲を奮闘努力した先祖のお陰であるとしみじみ実感でき、感謝の念と共に、こうした先人の努力や想いを少しでも理解し次の世代に伝えられれば……」と。
 
 戦前に国策で三井船舶と合併させられた時、社員によって編集された『嶋谷汽船略史』をベースに、残された断片的な資料をシグソーパズルをはめ込むようにつなぎ合わせ、
 御夫妻で各地の嶋谷汽船の足跡を訪ね出版したと書かれていました
 
 1877年(明治10年)岩国由宇で氏の曽祖父、徳右衛門氏が廻船業を始めます。
 由宇の海運業者(北前船廻船業者)の多くが、鉄道の開通、電信電話の発達等の時代の変化に対応できず次第に廃業に追い込まれていきます。
 こうした状況の中、嶋谷汽船(当時は嶋屋)は活躍するようになります。
 
  江戸期の由宇は、廻船で栄え岩国藩の水軍が由宇に置かれ集積や積出港として、藩の出先機関まであった港町だった資料が、岩国由宇歴史民俗資料館に展示されています。


 



  明治の北前船は、江差から小樽に舞台が変わり、段々と帆船から蒸気船に変っていった時代でした。

 こうした時代に嶋谷海運は、廻船業を始め船旗に「上」を使っています。
 下記の村上水軍の旗の「上」の文字との関連について『嶋谷海運史』では、ミステリーとして書かれその関係は不明です。
f:id:kitamae-bune:20190103095803j:image
 二代目長男徳三郎氏の代に、1895年イギリス製の浦門丸(528t)を購入する等帆船からの脱却を早い時期から図っています。
 1901年頃からは、大和型帆船や木造汽船を処分し、堅実第一主義の経営に徹底し岩国由宇では嶋谷汽船だけが残ります。

 嶋谷汽船は、北前船航路の運航に蒸気船で進出し三国、伏木、小樽に営業拠点をもうけ専用の定期便があったことも述べられています

  

f:id:kitamae-bune:20180416152850j:plain

  旧嶋谷社長宅は、今も小樽市文化財として残されています。
 2016年10月、小樽から来られた伊東直人さんの協力で、現在もある嶋谷汽船旧社長宅の写真の掲載ができました。

 岩国の廻船業も、近代化の波で消滅してゆきますが、その事業によって蓄えられた財力で、酒造業・金融業・織物業・造船業・海運業など、由宇の産業のうつりかわりの資料がこの博物館には展示されています。(矢竹考司)