瀬戸内坂越の北前船交流記

第19回までは「瀬戸内坂越から北前船がもたらしたもの全国版」を再構成したものです。

瀬戸内坂越の北前船交流記第30回(札幌発のFM放送『進め北前船』)

 
瀬戸内坂越の北前船交流記第30回(札幌発のFM放送『進め北前船』)

今回は、北海道と、瀬戸内海、日本海側のかって北前船寄港地を、ネットとFM電波でつないだ、坂越と北前船寄港地との交流を紹介します
 



f:id:kitamae-bune:20181209083134j:image
 『菜の花の沖』の新聞の連載が始まった40年程前は、北前船より高田屋嘉兵衛に感動していました。

 それから約35年、坂越で北海道余市の福原漁場で坂越港の昔の絵の写真を見て、「高田屋嘉兵衛」の世界が広がりました。

f:id:kitamae-bune:20181209155220j:plain

 それは、朝ドラのマッサンで余市のニシンの話があった時期でした。

 この絵がききかけで、坂越でボランティアでガイドをしながら北前船の足跡を調べるようになりました。
f:id:kitamae-bune:20181209114929j:image

 しばらくして、坂越のまち並を創る会(門田守弘会長)が、北前船の活動で兵庫県からの助成が決まります。

 こうして都立中央図書館で全国の北前船の寄港地の市史等を調べ、酒田、野辺地等を訪ね坂越の足跡を調べながら投稿をお願いしました。
f:id:kitamae-bune:20181209232017j:image

 坂越に来られた方々(札幌、小樽、神戸、姫路)にも投稿をお願いした北前船シリーズは「坂越のまち並みを創る会」で発行し、兵庫県赤穂市等に提出しています。

 この北前船シリーズを、新規に開設したFBやブログで2017年2月から、全国の北前船関連地域のFBグループに順次投稿し、明楽みゆきさんや、小豆島の南堀英二さんともFBで友達になりました。

 その4月の最終週に北前船寄港地が日本遺産に登録され、5月の連休中に大阪食博で北前船のイベントに坂越から門田さんと行きました。
f:id:kitamae-bune:20181209231021j:image

 食博では、明楽さんのグループの演奏を聴き、やまおかかずみさんのおもてなし煎茶師の講義を受けながら和束茶をいただきました。
f:id:kitamae-bune:20181209230728j:image

 そのあと、明楽さんの話から「北前船」のFM放送が始まるのを知りました。

f:id:kitamae-bune:20181209145340j:plain

 それから2ヶ月が過ぎた7月最終週「進め北前船」のコーナーに出演の依頼がありました。

これはラッキーな事だと思い、この放送の日から毎回コメントして、後にブログにして再発信しています。

 それは、冊子を県等に提出後も投稿して頂く方を探していたからで、現実は厳しくどう展開していいか模索していた時期でした。

  これで、全国の北前船寄港地の方々の想いも伝える事ができるようになり、11月にはブログ『すすめ北前船』を新設、この『瀬戸内坂越の北前船交流記』の2つになりました。

 2018年2月には、坂越で「兵庫県政150周年記念県民連携事業」に札幌から、坂越に来られ、北前船寄港地が日本遺産になった喜びを熱く語っていました。
 
 その時の講演の一部を動画で紹介します。下記をクリックしてご覧ください

https://www.facebook.com/100015058422253/videos/331005627411382/

 それから丁度3か月後、坂越も北前船寄港地として日本遺産に追加認定されました。

f:id:kitamae-bune:20180629211604j:plain

写真は、南堀さんが坂越で2回目の講演の時のものでこの日、北前船の言葉が出たのは、明楽さんと南堀さんだけでした。

 6月には根室納沙布岬に行き、高田屋嘉兵衛が創建した根室金毘羅神社の前田康宮司に、根室での高田屋嘉兵衛のお話が聞けました。私は、淡路島での北前船寄港地フォーラムの話をしました。
f:id:kitamae-bune:20181210115428j:image

 根室に行く途中の札幌市の豊平館で、明楽さんの北前船の講演やチエンバロ演奏を聴きました。
f:id:kitamae-bune:20181210115836j:image

 その後「進め北前船」で根室金毘羅神社の前田宮司が語った根室での高田屋嘉兵衛は、「進め北前船25回根室」で紹介しています。

  9月には、明石公園で兵庫県のイベントがあり、兵庫県北前船寄港地で日本遺産に追加認定された5市町の方々や井戸兵庫県知事も来られていました。

f:id:kitamae-bune:20181210111821j:image
 (中央は金沢和夫兵庫副知事)
この時出会ったのが、兵庫津で活躍されている高田誠司さんでした。

 12月最初の「進め北前船」は、高田さんで兵庫津を熱く語り、高田屋嘉兵衛の事も司馬遼太郎が一番好きだった人物だったと紹介していました。

 その前月の11月には、新温泉町と坂越との北前船交流があり、諸寄のまち歩きをしながら、札幌しろいしFM局からの「進め北前船」実況収録がありました。

その時の模様の一部を下記の動画から紹介します。

https://www.facebook.com/100015058422253/videos/pcb.491662911345652/491669678011642/?type=3&theater

 尚この後12月11日には、北海道江差町から、9名の方々が坂越の北前船の活動の見学にこられます。これについてもfm番組で江差の方がゲスト出演があります。

 

 今後も札幌からのFM番組「進め北前船」のFB等でのコメントを通じて、全国の北前船寄港地や、東京等、全国の北前船フアンの方々と交流していきたいと考えています。